トピックス

2021/03/16

長崎で観測史上最も早い桜の開花宣言

長崎地方気象台は314日、ソメイヨシノの開花を観測したと

発表しました。

 

桜の開花宣言は各地の気象台が行う季節観測の一つで、全国に

58か所の観測地点があり、長崎では気象台のある南山手町で

観測を行っています。標準木となるソメイヨシノが56輪咲くと桜の「開花」となります。

 

昨年11月の気温が高く、度々非常に強い寒気が流れ込んだ今季は、

花芽の「休眠打破」が鈍いと見られていましたが、

2月から3月にかけては平年より大幅に気温が高い日が多かったことから、

平年通りだった昨年に比べ10日も早く、最も早い開花の記録を更新しました。

 

桜は例年、開花宣言から1週間~10日ほどで満開を迎えることから、

多くの花見スポットでは20日過ぎに見頃を迎える見通しです。

 

新型コロナウイルスの影響もありなかなか外出しにくいご時世ではありますが

通勤通学などの途中で少し足を止めてみてはいかがでしょうか。